活性酸素を減らして美肌を守ろう

活性酸素が体を錆びつかせるという話は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。活性酸素がなくなれば老化しないのになんて思う人もいらっしゃると思いますが、実は活性酸素は体内で作られているものなのです。

人間は酸素がないと生きていけませんよね。呼吸などから酸素を体内に取り入れているのですが、この酸素は2個の原子でできています。この2個で1組の酸素が何らかの原因で離れてしまうことがあります。すると酸素は不安定な状態から脱するために他の細胞などを攻撃してしまいます。この不安定な状態の酸素を活性酸素といいます。

この活性酸素は体内に入る酸素のうち約2%ほどが活性酸素になると言われています。この活性酸素は免疫力を維持するために必要ですし、SODという活性酸素を抑える機能があります。ですから、通常であれば活性酸素による悪影響はあまり考えられません。けれど、このSODは25歳ころをピークに減少していきます。また、ストレスや紫外線、食品添加物などこのようなものでも活性酸素が発生するそうです。必要以上に活性酸素を発生させると肌だけでなく体にもダメージを与えてしまいます。

活性酸素が増えるとシミやしわなど肌の老化の原因になります。これは活性酸素がコラーゲンやエラスチンを傷つけてしまうからなのです。この活性酸素を減らすために抗酸化作用のある食物やサプリメントが有効です。またアスタキサンチンやコエンザイムQ10などが含まれているスキンケア用品を使うのも効果的です。

 

オールインワン化粧品がおすすめな理由

ここ数年、通信販売を中心にオールインワン化粧品をよく見かけるようになりました。ひと昔前まではオールインワン化粧品というとあまり使い心地がよくなく、やたらにべたつく、その割には保湿力が長続きしないといった使用者の言葉が多くありました。

しかし近頃は需要の増加とともに商品開発も進み、かなり質的にもレベルアップしてきてきて、 一般的な化粧品にかなり近い満足感を得られるようなものも現れています。

でもやはり、一般的なライン使いをするスキンケア化粧品のほうが まだまだメジャーであるところをみると、実力的にはそちらのほうが上だということは否めないでしょう。

それにもかかわらずオールインワン化粧品の売り上げが 伸びている理由は、やはりそのお手入れの簡単さにあります。現代の女性は男性と同じように働くことも普通になり、 結婚後も家事をして子供を育てながら仕事を持つ人も珍しくありません。

そうなってくると足りなくなるのは時間であり、特にスキンケアなどはおざなりになり勝ちなのです。 そこで短時間でお手入れの済ませられるオールインワン化粧品が便利になります。

一般的な化粧品を慌しく雑に使うのなら、オールインワン化粧品で ゆったりとお手入れをしたほうが、結果的には肌のために良い効果を与えるでしょう。

しかも、どんどんと美肌に効果がある成分を含むオールインワンゲルが発売されています。 その成分としてはプラセンタや、エラスチン、スクワラン、セラミドなどがあります。

面倒なスキンケアを手早くできるだけでなく、しっかりと保湿、美白に 働きかけることができる化粧品へ変わってきています。美白オールインワンゲル

たくさんの化粧品を使うデメリットとして、アレルギー反応もあります。 違うメーカーや、ラインの化粧品を同時に使うと配合成分がケンカしてしまうために起こりますが オールインワンゲルであればこういった心配がないのもいいところですよね。